浮気調査をスムーズに遂行するためのコツ

探偵事務所に浮気調査を依頼する場合は、注意しなければならない点が多々あります。中でも、「パートナーにバレないようにする」ということは地味なようで最も重要なポイントなので、ぜひとも押さえておくようにしましょう。

 

たとえば、女性の中にはついつい相手に本当のことを話してしまうような人もいるのですが、そういったことをすると、たいへんな事態になってしまいます。まず、有能な探偵事務所もさすがに「調査がバレているのに続行して証拠を押さえ得る」ということはできなくなりますし、パートナーも警戒して不倫しないようになってしまいます。

 

また、不倫はしているけれど、尾行するのが難しいようなところに入ってしまう場合が多くなるので、どうしても証拠を取るのがむずかしくなるのです。さらに言えば、証拠がない状態で「わたし、探偵事務所を使っているのよ」などと言ってしまえば、パートナーは「やってない」の一点張りにした上で、逆に道徳精神を責められてしまう可能性があります。そうなってくるとますます、相手との関係がギクシャクしてしまうので、離婚したとしても慰謝料をもらう額が小さくなってきてしまうのです。

 

以上のことから言えることは「絶対にバラさないようにするのが浮気調査の最大のポイントである」ということでしょう。もちろん、相手にまだ情が残っている場合は、罪悪感もあるかもしれません。そもそも尾行するというのは、相手のプライバシーに踏み込んでしまうということ。もしかしたら、他に隠していた秘密がわかってしまうこともあるかもしれませんし、人間は誰しも、違う顔やたくさんの秘密を抱えながらいきているものなのです。

 

しかし、もし浮気調査をすることに罪悪感が出てきてしまったとしても、相手も民法上の違法行為はしているわけです。こちらも傷つけられているのですから、被害者はあくまでもこちらなのです。調査をすることに罪悪感が出てきたとしても、気にしないようにしましょう。